フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト(以下「本コンテスト」といいます。)は、フェデラルエクスプレスジャパン合同会社(以下「フェデックス」といいます。)が企画しています。本コンテストには、このフェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト公式規則(以下「本公式規則」といいます。)が適用されます。応募や受賞に際して何らかの商品を購入する必要はありません。また、購入により受賞の可能性が高まることもありません。

第1条          応募期間

本コンテストは、2019年3月18日午前0時に始まり2019年6月8日に行われる受賞者発表をもって終了いたします。本コンテストは以下に記載の選考過程にそって進められます。

選考過程 開始日 (日本時間午前0時) 終了日 (日本時間午後11時59分)
第一次選考用提出物の提出期間 2019年3月18日 2019年4月21日
最終候補者10社選考期間 2019年4月23日 2019年5月15日
最終候補者10社発表* 2019年5月20日 2019年5月20日
最終候補者10社による第二次選考用提出物の提出期間 2019年5月21日 2019年6月2日
最終受賞者2社選考期間 2019年6月8日 2019年6月8日
最終受賞者2社発表* 2019年6月8日 2019年6月8日

*フェデックスは2019年5月20日に、本コンテストの専用ウェブサイトにて最終候補者10社を発表します。この最終候補者10社には電子メールでご連絡の上、第二次選考用提出物の提出をお願いします。その締切日は2019年6月2日です。フェデックスは2019年6月8日に最終受賞者2社を発表します。

第2条          応募資格
  • 1. 本コンテストに応募できる者(以下「応募者」といいます。)は、応募の時点で日本における適法な居住者である自営業者または経営者(以下、総称して「経営者」といいます。)によって6カ月以上継続的に運営されている営利目的の中小企業(以下「本法人」といいます。)に限られます。本コンテストにおける「本法人」の資格者として認定されるためには、その事業が以下の基準を全て満たす必要があります。
    1. (1) 日本において法人登記が済んでおり、有効な商業登記簿謄本の写しの提出が応募者からなされること。求められた場合、応募者は証拠として以下のものを提出する必要があります。
      1. (a)本法人名義宛の公共料金その他請求書の写し(本法人の住所が記載されていることを要します。)。
    2. (2) 経営者が応募時に20歳以上であること。
    3. (3) 経営者が本法人の正規代理人であり、かつ、本法人を拘束できる法的権限を備えていること(これには本公式規則および同規則が意図する他の必要書類への拘束を含みますがこれらに限定されません。)。
    4. (4) 提出日当日において本法人の財務状態が良好であり、本コンテスト終了までその状態を維持すること。
    5. (5) 本法人の日本における従業員数が1名以上200名以下であること。
    6. (6) 海外事業またはフランチャイズ事業の支店や関連会社に該当しないこと。
    7. (7) 破産法や会社更生法などの保護を受けておらず、また司法上の先取特権もしくは差押えの対象でないこと。
  • 2. 経営者または代表者個人は応募者に該当せず、全部または一部を問わず受賞する権限はありません。本コンテストの応募者は本法人です。
  • 3. 応募者が本コンテストの参加資格基準を満たすかどうかの判断はフェデックスがその単独の裁量で行います。参加資格およびその他本コンテストのあらゆる事項に関するフェデックスの判断は、最終的なものであり、拘束力を有します。
  • 4. フェデックス、その親会社および関連会社が運営する事業、ならびにそれらの役員、取締役、従業員、代理人ならびに本コンテストのための資料・素材の開発、制作または配給に関与した者、ならびに上記各者の親族(すなわち、親、子供、兄弟・姉妹および配偶者)および当該個人らと同居する者(親戚関係の有無を問いません。)、さらに、政府機関、国有企業、政府機関が資金提供する法人、政党もしくは公的国際機関の役職員、代理人および代表者、ならびに公職立候補者には本コンテストへの応募資格はありません。本コンテストは日本のあらゆる適用法規に服するものであり、他の国・地域では無効であり、また、法律が禁止している場合も無効です。
第3条          賞

1. 受賞者は合計2社とします。

  • (1)    優勝者1社には2,750,000円の賞金が授与されます。
  • (2)    準優勝者1社には1,100,000円の賞金が授与されます。

2.     賞金総額は3,850,000円です。

第4条          応募方法

1. 本コンテストに応募するためには、応募者はhttps://jp.grantcontest.fedex.com/の本コンテスト専用ウェブサイトにおいて2019年3月18日から2019年4月21日までの応募期間中に応募申込を行う必要があります。本コンテストへの応募にはフェデックスでのアカウントを取得している必要はありません。応募者は以下の項目へ回答して下さい。

  • (1) 貴社の事業、販売製品および提供されるサービスについて教えて下さい。(140字以内)
  • (2) 起業の動機、貴社事業の特徴、それが貴社、貴社の関係者もしくは環境に与える影響、ならびにグローバルに世界へ展開するにあたっての貴社の希望、夢および計画について教えて下さい。(500字以内)
  • (3) 貴社事業の成長に大きなインパクトを与え、グローバルに世界へ展開することで事業の成功を一段と高めるためにフェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテストで得た賞金をどのように使う予定ですか。(500字以内

2. 前項の質問への回答に加え、応募者は以下の情報を提出して下さい。

  • (1) 社名
  • (2) 法人番号(マイナンバー)および商業登記簿謄本の写し
  • (3) 会社設立日
  • (4) 従業員数
  • (5) 所属業界
  • (6) 経営者および法人代表者の氏名
  • (7) ご担当者の電話番号
  • (8) ご担当者の携帯電話番号
  • (9) ご担当者の部署および役職
  • (10) ご担当者の電子メールアドレス
  • (11) 事業所住所
  • (12) 郵便番号
  • (13) 会社ウェブサイト
  • (14) デジタル・イメージ4点
    1. (a) 会社ロゴ
    2. (b) 事業全般紹介のための写真(3点まで
  • (15) 貴社事業とグローバルに世界へ展開する夢を紹介するYouTube上での1分間宣伝ビデオ(希望者のみ

3. フェデックスが受け付ける応募は1法人あたり1件に限られます。ひとつの法人から複数の応募があった場合、最初の応募を有効な応募として受け付け、残りの応募は無効とします。

4. 応募は全てフェデックスによる承認が条件となり、その判断はフェデックスの一存で行われます。承認がおりた場合、応募内容は専用の本コンテストサイトのギャラリーページに掲示され、応募者には電子メールが送付されます。ギャラリーページ上のご自身の提出物へのリンクがそのメールに貼られていますので、公開期間中、是非お客様、ご友人そして家族の皆様にもお伝え下さい。応募が承認されなかったときは、4営業日以内に応募者に電子メールでご連絡いたします。

5. 法律上禁じられていない限り、応募者が本コンテストに応募することにより、応募者は次の行為に対して同意したことになります。

  • (1) 応募者本人の氏名、所属組織情報、提出された応募申込(デジタル・イメージを含みます。)のあらゆる部分、ならびにフェデックスが本コンテストの一環として主催したイベント中に撮影した写真および動画を、営利もしくは販促目的で、追加同意や追加報酬なく、フェデックスが報道関係者に対して開示すること、ならびに、報道関係者やインターネット等の任意のメディアおよび媒体で公開すること。
  • (2) 応募者に対して報道関係者による取材の依頼があった場合は、これに協力すること

6. 応募者が本コンテストに応募し、電子メールアドレスを提供することで、応募者は、本コンテスト関連の電子メールを応募者に送付する許可をフェデックスに与えたことになります。なお、これには最終候補者、受賞者の告知、および今後の本コンテストの企画、設計のための利用が予定される本コンテストに関するフィードバックの収集を目的としたフォローアップに関する電子メールを含みますがこれらに限定されません。参加者から別途申出がない限り、応募者は、フェデックスが今後の販促および広報目的のために利用するデータベース(媒体の如何を問いません。)にご自身が提出された情報が入力されることに同意したこととなります。

第5条          デジタル画像および映像の基準

1. デジタル画像や会社ロゴの提出は、jpg、pngまたはgifのいずれかの形式でお願いします。デジタル画像や会社ロゴ各1点あたりの容量は5MB以下として下さい。オプションとして映像がある場合は、YouTubeにアップロードのうえ、応募者プロフィール欄にリンクを貼って下さい。映像の長さは1分以下でお願いします。

2. 応募者が所有していないか、または第三者が権利を有する素材や要素がデジタル画像または映像に含まれる場合、または人物画像が含まれる場合、応募者は、当該画像や映像の追加報酬なしに展示することおよびこれを利用することを許可するのに必要な権利放棄書もしくは同意を、それらの画像や映像の提出前に、本公式規則に従い全て入手する責任を負うものとします。画像や映像に登場する人物が20歳未満の場合、権利放棄書毎に親権者等法定代理人の同意が必要となります。

3. プロの撮影者による画像または映像を提出する場合、応募者は、本コンテストおよび本コンテストの促進に関連して、既存または今後考案されるあらゆるメディアにおいてそれらの画像や映像の複製、配給、展示および派生物制作を行うための利用権を撮影者から取得する責任を負います。

4. フェデックスから要請があれば、応募者は、(フェデックスからの要請を受領した日から7暦日以内に)提出された画像や映像に登場する全ての人物から、フェデックスおよびそのライセンシーに権利許諾する署名済みの権利放棄書を入手し提出できるよう、用意する必要があります。要請時に当該権利放棄書を提出できない場合、結果的に本コンテスト中であっても資格を失い、代わりの受賞者が選ばれる可能性があります。

第6条          選考期間

1. 選考期間中、選考を通過した応募をフェデックスまたはフェデックスが指定する者が全て審査し、最終候補者10社に絞ります。フェデックスは最終候補者の決定に際し以下の事項を考慮します。

  • (1) 明瞭で説得力があり、かつ、人を引き込む事業ストーリー、および感情を揺さぶる声(25%)
  • (2) 事業を育て、グローバルに世界へ展開する応募者の動機(25%)
  • (3) 賞金利用方法の提案(15%)
  • (4) 提供する製品やサービスの独自性または革新性(15%)
  • (5) 応募者のブランドとフェデックスブランドの馴染み具合(10%)
  • (6) 持続可能性のある事業と環境に優しい事業、および社会に与える影響(10%)

2. フェデックスは2019年5月20日に本コンテストのウェブサイト上で最終候補者10社を発表します。フェデックスは、理由の如何を問わず最終候補者数を変更できる権利を留保します。当該理由には、候補者決定に必要な十分な数の有効な応募受け付けがなかったことを含みますが、これに限定されません。

3. 最終候補者10社に対しては、電子メールで通知し、同時に、以下の質問に対する回答から成る第二次選考用の提出物を作成の上、提出するよう指示がなされます。

  • (1) どんな事業にも語るべき独自のストーリーがあります。個人として、そして事業主としてのあなたの情熱を映し出すあなたのストーリーは何ですか?その情熱はあなたの事業にどのように反映されていますか?そしてグローバルに世界へ展開するというあなたの事業の夢を実現するにあたり、どのように役立ちますか?

4. 第二次選考用の提出物は、2019年6月2日までにフェデックスに提出することを要します。所定期日までに第二次選考用の提出物の提出がない場合、最終候補者の本コンテストへの参加資格が失われる可能性もあります。

5. 審査委員は、最終候補者10社の第二次選考用の提出物の審査に加え、短い面談を行い、これらの総合的な評価を行います。応募者のブランドとフェデックスブランドの馴染み具合、および本法人の経営者がアンバサダーや他の本法人のメンターになる用意があるかどうかも、考慮の対象となります。

6. 受賞者の発表は2019年6月8日に行われます。各受賞者には発表に先立ち電子メールと電話で連絡します。さらに、フェデックスが所有するデジタルおよびソーシャルチャンネルならびにフェデックスの報道発表にて受賞者が取り上げられる可能性もあります。

第7条          受賞および納税義務

1. 告知された賞金の授与が何らかの理由で不可能となった場合、フェデックスはその単独の裁量で同等またはそれ以上の価値の賞品に変更する権利を留保します。賞の詳細について本公式規則に明記のないものは、全てフェデックスが単独で決定するものとします。受賞に応じることで、各受賞者は、本公式規則を遵守することを了承したことになります。本コンテストから生ずる全ての納税義務は、各受賞者が負担すべきものであり、これには納税申告も含まれます。受賞は応募者1社あたり1つの賞を上限とします。受賞に関連する他の全ての経費(本公式規則に明記されていない税金その他の経費を含みますがこれらに限定されません。)は、各受賞者のみが負担するものとします。フェデックスは、その単独の裁量で、受賞についての条件を追加または変更できるものとします。法律で禁じられている場合を除き、賞の授与を受け入れることで、各受賞者は、フェデックスおよびフェデックスが指定する者に対して、受賞者の名称・氏名、略歴、応募作品、写真およびデジタル画像や映像を、報道関係者やオンライン上での発表および公開等を含め、宣伝、販売促進または取引の各目的で、取引において、および世界中の各種メディアおよび媒体において、追加報酬の支払いなく何ら制限なく使用できる許可を与えることになります。受賞者は、賞金のプロモーションを目的としてフェデックスが企画するメディアアウトリーチ活動(インタビューおよびコンファランスを含みますが、これらに限定されません)に参加するものとします。

2.     受賞者は、賞や賞金を受領する権利を放棄できます。賞や賞金の譲渡や移転は行えません。受賞者による賞や賞金の交換も行えません。フェデックスは、法律に従い、賞金の額から必要な控除を行い、受賞者に対しては控除後の金額をお渡しします。この控除および税務申告のためにフェデックスにおいて何らかの経費が発生した場合は、受賞者は、当該経費分をフェデックスに払い戻すものとします。受賞者は、フェデックスの指示に応じて次の書面に記入のうえ署名することを求められます。

  • (1) 受賞者が本コンテストの公式規則を遵守したことを証する宣誓書
  • (2) 免責および公開に関する同意書(法律で禁じられている場合は除きます。)
    これらの書類の署名や返送がなされない場合、または本公式規則が遵守されない場合、結果的に受賞者の失格、賞金の授与の取消や没収、およびフェデックスの裁量に基づく他の受領者への賞金授与となることがあります。受賞者が受領または請求しなかった賞金で、フェデックスによる本公式規則に従て他の受領者への授与もなかったものは、フェデックスの資産として留まるものとします。

3.     受賞に伴い発生した料金や費用の支払い義務は受賞者のみが負担するものです。

第8条          失格

1. フェデックスがその単独の裁量により、応募者が本公式規則の禁止事項に違反したか、または何らかの理由で失格に相当すると判断した場合、フェデックスは、当該応募者に対して賞を授与する義務は何ら負わないものとします。フェデックスは、本コンテストの応募手続を改ざんしたか、本公式規則に違反したか、不適切もしくは乱暴な振る舞いをしたか、または他の者を困惑させたり、いじめたり、脅したり、もしくは嫌がらせしたりする意図を有すると認めた応募者を失格させることができる権利を留保します。

2. 提出された応募内容は、フェデックス Mission, Strategy and Valuesに一致したものでなければならず、フェデックスは、卑猥、中傷的、下品であるか、人を不快にさせたり、わいせつ、ポルノ、虚偽に該当するか、誤解を招いたり、人をあざむいたりするか、その他フェデックスの編集基準、読者・視聴者の期待、もしくは評判上の利害に適合しないとフェデックスがみなすか、または適用法規に違反もしくは第三者の権利を侵害するか、コンテスト、フェデックスもしくはフェデックスの広告主、クライアントもしくはお客様を論争や、マイナスの評判、あざけりもしくはからかい行為に巻き込む可能性があるとフェデックスが判断した応募、作品、または関連素材・資料については、フェデックスの単独の裁量でその応募の申し出を断り、および/または資格を剥奪する権利を留保します。

3. 応募条件として、フェデックスは、最終候補者および/または受賞者となる見込のある者を対象に身元調査を行える権利を留保し、かつ、もしフェデックスがその単独の裁量で当該応募者への賞の授与がフェデックスのイメージや評判にマイナス影響を与える可能性があると判断した場合、当該身元調査に基づき任意の応募者を失格とすることができる権利を留保します。

第9条        包括的免責および責任限定

1. 本コンテストに参加することで、各応募者は、フェデックス、その親会社および関連会社、ならびにそれらの取締役、役員、従業員、代表者および代理人を本コンテストもしくは賞や賞金の受領、所持、使用もしくは瑕疵から生ずるかそれらに関連するあらゆる種類の請求、費用、傷害、損失もしくは損害(人身傷害、死亡、または財産、パブリシティ権もしくはプライバシー権に関する損害、紛失もしくは破損、名誉毀損もしくは人の印象の歪曲に関連する請求、費用、傷害、損失もしくは損害を含みますがこれらに限定されません。)から防御、免責し、これらを補償するものとします。フェデックスは、本コンテストの応募もしくは投票過程、もしくは本コンテストの実施中に生じた事実に反する情報または不正確な情報については、その原因が技術的もしくは人的ミスにあるかどうかを問わず、一切責任を負いません。また、フェデックスは、本公式規則または本コンテストに関連する他の資料・素材中の誤植、印刷間違い、もしくはその他の間違いについて責任を負いません。

2. 何らかの理由で本コンテストが企画通りに実施できなくなった場合(詐欺、コンピュータウイルス、ワーム、バグ、不正改ざん、不正介入、技術的限界または不良、人的なエラーもしくはミス、その他本コンテストのセキュリティ、完全性、公正性、事務もしくは適切な実行を毀損、攻撃、破損させるとフェデックスがその一存で判断した原因を理由とするものを含みますがこれらに限定されません。)、フェデックスは、その単独の裁量で本コンテストをいつでも通知なくキャンセル、終了、変更または中止できる権利を留保します。

3. フェデックスは、受賞者に対して、賞の授与に先立ち、本公式規則に基づき本コンテストへの応募から排除されなかったこと、および受賞者が完全に本公式規則を遵守したことを確認する資格証明書に署名するよう求めることができる権利を留保します。この証明書に真実を記載することが賞の授与の前提条件となります。

4. 本コンテストに関して見解の相違が生じた場合、フェデックスの決定が最終的なものとなり、それと異なる更なる意見や依頼を受け付けることはありません。フェデックスは、賞の授与が適用法規に反する場合は、これを行う義務を負わないものとします。

5.上記の規定に拘わらず、管轄を有する裁判所により何らかの理由で前述の権利放棄が無効または強制執行不能とされた場合、各応募者は、法律が認める最大限の範囲で次の各号の事項にすべて合意するものとします。

  • (1) 本コンテストまたは受賞から生ずるか、それらに関連するあらゆる紛争、請求および訴因がいかなる集団訴訟によることなく、個別案件として解決されること。
  • (2) 請求、判決および裁定の金額が、当該応募者が負担した実費分に限定されること(ただし、いかなる場合も弁護士費用は含まれず、かつ、10万円を超えないこと)。
  • (3) いなかる場合も、応募者は付随的損害、懲罰的損害または派生的損害等の間接損害を得ることは認められず、かつ、それらに対する請求権を全て放棄すること。

6. フェデックスは、本公式規則をいつでも通知なく改訂できる権利を留保します。

第10条        解釈、権利放棄および紛争解決

1. 本公式規則の解釈、効力、および法律上の権利行使、ならびにそれらに関連する全ての問題および疑義は、全応募者およびフェデックスの各権利義務とあわせて、日本法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。ただし、同法のうち、法の選択または法の抵触に関する規則や条項は採用しないものとします。無効その他強制執行不能と判断された条項があった場合、当該判断は他の条項の効力または権利行使には影響を及ぼさないものとし、かつ、本公式規則は無効もしくは強制執行不能とされた条件があたかも含まれていなかったかの如く、解釈されるものとします。

2. フェデックスが本公式規則に基づく何らかの義務について特段の権利放棄を行った場合、これは当該義務の包括的な権利放棄を構成するものではなく、また応募者の他の義務に対する権利放棄を構成するものでもないものとします。

第11条          著作権その他の知的財産権

1. 本コンテストに応募するため提出手続を行ったことで、応募者は本コンテストに関連して応募者が提出した全ての資料・素材の全部もしくは一部について、あらゆる目的で、かつ、既に知られているか、今後考案されるあらゆる方法または媒体(インターネットを含みますがこれに限定されません。)を用いてその編集その他利用を全世界において永久に行い、かつ同行為を他の者にライセンスできる、永続的、全世界対象、再実施可能、独占的、譲渡不能、無償および撤回可能な権利とライセンスをフェデックス、その親会社および関連会社に対して許諾するものです。なお、上記行為の実施にあたり、応募者に対する通知や、報酬、ロイヤルティの支払い、勘定計上は不要とし、かつ、いかなる種類の責任や義務も応募者に対して負わないものとします。各応募者はさらに、その従業員、コンサルタント、ボランティア、役員および取締役をして、フェデックスが求める追加のライセンスまたは権利放棄書に署名させるべく、その最善の努力を払うことに合意します。

2. 提出物を提出することで、各応募者は、提出された資料・素材および本コンテストに関連して提出された他の資料・素材がフェデックスの判断で、広報活動の目的で報道関係者に開示され公開されること、およびフェデックスのウェブサイトに掲載される可能性があることを了承するものです。フェデックスは、提出物および他の資料・素材をその一存でウェブサイトに掲載する前に編集できる権利を留保します。

第12条          事業情報および個人情報の保管

本コンテストに応募するための提出手続を行ったことで、応募者および応募者の各代表者は、本コンテストに関連して収集された事業情報および個人情報が日本以外の場所に移送され、かつ、同地にて保管されることに同意するものです。

第13条          受賞者リスト

受賞者の法人名は2019年6月8日の本コンテスト終了日から6カ月間、https://jp.grantcontest.fedex.com/にて閲覧可能となります。

第14条          主催者および事務管理者

主催者および事務管理者は次のとおりです。
千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目6番地1
ワールドビジネスガーデンマリブウエスト
フェデラルエクスプレスジャパン合同会社

フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト よくある質問

一般

1.「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」とは何ですか?

「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」とは、小規模ビジネスを担う応募者の中から2社を選び、受賞者のビジネスの成長をサポートするため賞金総額3,850,000円を授与する、フェデックスが主催のコンテストです。詳細は、コンテスト公式規則をご覧ください。

2. 応募申込みはいつですか?

「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」は、2019年2月25日に始まり2019年6月8日に行われる受賞者発表をもって終了いたします。

選考過程 開始日 (日本時間午前0時 終了日 (日本時間午後11時59分
第一次選考用提出物の提出期間 2019年3月18日 2019年4月21日
最終候補者10社選考期間 2019年4月23日 2019年5月15日
最終候補者10社発表* 2019年5月20日 2019年5月20日
最終候補者10社による第二次選考用提出物の提出期間 2019年5月21日 2019年6月2日
最終受賞者2社選考期間 2019年6月8日 2019年6月8日
最終受賞者2社発表* 2019年6月8日 2019年6月8日

フェデックスは2019年5月20日に、本コンテストの専用ウェブサイトにて最終候補者10社を発表します。

最終候補者10社にはEメールでご連絡の上、第二次選考用提出物の提出をお願いします。提出物の締切日は2019年6月2日です。

フェデックスは2019年6月8日に受賞者2社を発表します。

3. コンテストのルールを教えてください。

コンテスト公式規則をご確認ください。

4. 賞金はいくつ授与されますか?

優勝(賞金275万円)と準優勝(賞金110万円)の合計2つです。

5. よくある質問に記載のない事柄について質問があります。どこに問い合わせたら良いですか?

apac_mktg4@fedex.comまでEメールにてお問合せ下さい。弊社から2営業日以内にご連絡いたします。

応募資格

1.「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」の参加対象条件とは?

本コンテストに応募できる者(以下「応募者」といいます。)は、応募の時点で日本における適法な居住者である自営業者または経営者(以下、総称して「経営者」といいます。)によって6カ月以上継続的に運営されている営利目的の中小企業(以下「本法人」といいます。)に限られます。本コンテストにおける「本法人」の資格者として認定されるためには、その事業が以下の基準を全て満たす必要があります。

  • (1) 日本において法人登記が済んでおり、有効な商業登記簿謄本の写しの提出が応募者からなされること。求められた場合、応募者は証拠として以下のものを提出する必要があります。
  • (2) 経営者が応募時に20歳以上であること。
  • (3) 経営者が本法人の正規代理人であり、かつ、本法人を拘束できる法的権限を備えていること(これには本公式規則および同規則が意図する他の必要書類への拘束を含みますがこれらに限定されません。)。
  • (4) 提出日当日において本法人の財務状態が良好であり、本コンテスト終了までその状態を維持すること。
  • (5) 本法人の日本における従業員数が1名以上200名以下であること。
  • (6) 海外事業またはフランチャイズ事業の支店や関連会社に該当しないこと。
  • (7) 破産法や会社更生法などの保護を受けておらず、また司法上の先取特権もしくは差押えの対象でないこと。

2. 非営利団体から応募できますか?

非営利団体はご応募いただけません。詳しい情報は、コンテスト公式規則の応募資格をご覧ください。

3.     業態がオンラインビジネスのみの場合は応募できますか?

はい、営利目的とし中小企業でかつ応募資格を満たしていればご応募いただけます。

応募方法

1. 応募方法を教えてください。

「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」に応募するには、https://jp.grantcontest.fedex.comにてプロフィールを作成していただく必要があります。プロフィールにはあなたのビジネスを紹介する4つの画像(うち1つは会社ロゴ)をアップロードしていただきます。また、フェデックスが貴社の事業内容や受賞を目指す目的を知るためにいくつかの簡単な質問に答えていただきます。任意で、1分以内の貴社の紹介ビデオを提出すること

2. 応募にフェデックス・アカウントは必要ですか?

いいえ、必要ありません。

3. 応募するには何が必要ですか?

本コンテストの応募およびプロフィールの作成には以下のものが必要になります。

会社および応募者情報

  • (1) 社名
  • (2) 法人番号(マイナンバー)および商業登記簿謄本の写し
  • (3) 応募者氏名
  • (4) 経営者氏名
  • (5) 電話番号
  • (6) 役職
  • (7) Eメールアドレス
  • (8) 住所
  • (9) 市区町村
  • (10) 国
  • (11) 郵便番号
  • (12) ホームページアドレス
  • (13) 4点までの画像
    1. a) 会社ロゴ
    2. b) 事業全般紹介のための写真(3点まで)* 5MB以内かつ.JPG, .PNG, .GIFでご提出ください。
  • (14) 貴社事業とグローバルに世界へ展開する夢を紹介するYouTube上での1分以内のビデオをご提出いただけます(希望者のみ)。ビデオはYouTube上で公開し、そのリンクを本コンテスト公開ページでシェアしていただきます。ビデオは1分以内としてください。
    1. a. 以下の項目にご回答ください。
      1. 貴社の事業、販売製品および提供されるサービスについて教えて下さい。(140字以内)
      2. 起業の動機、貴社事業の特徴、それが貴社、貴社の関係者もしくは環境に与える影響、ならびにグローバルに世界へ展開するにあたっての貴社の希望、夢および計画について教えて下さい。(500字以内)
      3. 貴社事業の成長に大きなインパクトを与え、グローバルに世界へ展開することで事業の成功を一段と高めるためにフェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテストで得た賞金をどのように使う予定ですか。(500字以内)
    2. b. 推奨
      1. 応募フォームに入力をする前に、回答内容をご準備ください。
      2. サポートするブラウザ:Chrome, Safari, Firefox, IE9以上

4.     応募手続きを中断して、後で完了させることはできますか?

いいえ、応募手続きは一度に行っていただく必要があります。作業を途中で中断し、後で再開することはできません。応募手続き開始前に、入力内容を予めご用意ください。

5.   プロフィールが掲載された後、提出した内容を変更することはできますか?

提出後は、貴社の応募内容を変更することはできません。

6.     応募申込み期限はありますか?

応募受付は2019年4月21日(日本時間午後11時59分)までとなります。

7.     プロフィールが見つかりません。プロフィールが無事に作成されたかどうかは、どのように確認できますか?

本コンテストのオンラインギャラリー(https://jp.grantcontest.fedex.com/)への掲載を承認する前(応募から4営業日以内)に、フェデックスは各応募内容が応募基準を満たしているかを確認します。承認されますと、応募申込みから4営業日以内に本コンテスト参加承認のEメールが送信されます。

最終候補者/受賞者の選考について

1.     どのように最終候補者/受賞者はどのように選ばれますか?

フェデックスは以下を選考基準とし最終候補者10社を選出します。

  • グローバル展開への熱意/成果(市場数、成長、事業全般の取り組み、など)に対する説得力と実現性
  • 成功実績と今後の成功を実証する、事業の売上成長および成長見込みに関する情報(売上高など)
  • グローバル展開への熱意を含む将来に向けた企業戦略
  • 地元コミュニティーや環境をどのようにサポートするかなど、倫理的基準に関する言及

第二次選考用の提出物であるエッセイの内容は最終候補者10社にEメールにて送付されます。第二次選考用の提出物の締切日は2019年6月2日までとなります。審査委員はこの第二次選考用の提出物を受賞者2社を決める選考基準として用います。また、以下の項目も選考要素として考慮に入れられる可能性もあります。

  • 明瞭で説得力があり、かつ、人を引き込む事業ストーリー、および感情を揺さぶる声
  • 賞金利用方法の提案
  • 事業を育て、グローバルに世界へ展開する応募者の動機
  • 応募者のブランドとフェデックスブランドの馴染み具合
  • 提供する製品やサービスの独自性または革新性
  • 持続可能性のある事業と環境に優しい事業、および地域社会に与える好影響

2.     受賞者の発表はいつですか?

2019年5月20日に最終候補者10社を発表します。そして、 2019年6月8日に受賞者2社の発表をいたします。

3.     どのように受賞者は連絡を受けますか?

受賞者へは登録情報に記載されたEメールおよび電話にてお知らせいたします。2019年6月8日に受賞者が発表され、フェデックスのソーシャルチャンネルならびにフェデックスの報道発表にて受賞者が取り上げられる可能性もあります。