社名

株式会社ミュー

業種
美容・健康
会社ウェブサイト
ソーシャルアカウント
Youtube

youtube
画像
貴社の事業、販売製品および提供されるサービスについて教えて下さい。
弊社では苦痛なく全消化管を一度に検査が可能な自走カプセル内視鏡検査システムを開発しています。これにより消化管の癌を早期発見することができるので、世界のあらゆる人々が健康で長生きし生活の質を向上するのに寄与したいと考えています。
起業の動機、貴社事業の特徴、それが貴社、貴社の関係者もしくは環境に与える影響、ならびにグローバルに世界へ展開するにあたっての貴社の希望、夢および計画について教えて下さい。
消化管の癌は末期で見つかると16%しか助かりませんが初期に発見すると97%が助かるので早期発見が生死の鍵を握ります。しかし従来の内視鏡検査法は1つの臓器しか検査できず苦痛や恥ずかしさを伴うため自覚症状が出るまで受診せず手遅れとなる例が多くあります。そこで弊社は、20年以上の研究結果をベースに同じ志を持つ友人・知人とともに従来にない癌検査法の開発と事業化に取組みました。これは錠剤タイプの自走カプセル内視鏡を飲むだけで制御装置を用いて体内を自由に移動しながら苦痛を伴わず一度に全消化管が検査できる方法です。この安全性と有効性は人を対象に確認済ですが、さらに多くの臨床試験を実施した後、医療機器として海外の承認を得ることによって、世界各国にこの検査法の普及を図ろうと計画しています。弊社の検査法によって、自覚症状がない健康な方が苦痛なく定期検査を受けられるので癌が早期発見でき、生存率の向上と健康寿命の延伸、医療費の削減に貢献できると考えています。さらにこれは治療なども行える医療ミニロボットへ進化する端緒となります。
貴社事業の成長に大きなインパクトを与え、グローバルに世界へ展開することで事業の成功を一段と高めるためにフェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテストで得た賞金をどのように使う予定ですか。
弊社製品の早期普及を図るには、有効性のPRや海外提携企業を募集する展示会に出展したり各国ユーザーへの広報活動が重要です。この場合従来はビデオ動画を用いていましたが、実際の弊社装置を用いてデモし操作していただくほうが著しく効果が上がるのは言うまでもありません。ところがこの装置は大きくて重く簡単に移動するのはほぼ不可能なので、これを小型化したモデル装置を以前試作しましたが、この試作モデルは小型化に伴い操作性が十分でなくなるという新たな問題が生じたため利用できずにいました。しかしこの小型化に伴う操作性の問題点を解決する方法が最近見つかりその効果が実験で確かめられました。そこで貴賞金が得られた暁には小型化モデル装置を改良するための費用に充てたいと考えています。これができれば、この装置を海外へ運搬し弊社製品の有用性・優位性・操作性のPRやデモに活用できるので、弊社製品の実用・普及へ大きく飛躍できると考えています。なおこの技術はモデル装置に留まらず、弊社製品を小型化・低価格化する際にも利用できるので製品の発展・普及にも役立ちます。